福聚寺 三春町

福島県三春町在住の芥川賞作家・玄侑宗久(げんゆうそうきゅう)さんは、
事故発生以来、住職を務める福聚寺を守りながら放射線に翻弄される地元の人々の
暮らしを見つめている。

第一原発から45キロに位置する三春町は、避難地域に指定された20キロ圏内に住む人々の
避難先となり、受け入れ限度をはるかに超える1000人以上が避難して来ている。
津波により家族を亡くした人々の葬儀も出来ない状況となり、
政府による野菜や牛乳の出荷停止措置に、このまま故郷が失われてしまうのではないかと
懸念している。
e0143883_2133211.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



2、東日本大震災復興構想会議委員として・・・学者・知識人とは一味
違う、人を思い遣る考えに期待してます
e0143883_21401970.jpg

3、
e0143883_21404918.jpg

4、サンシュユ
e0143883_21412090.jpg

5、
e0143883_21414532.jpg

6、
e0143883_21421965.jpg

7、
e0143883_21431520.jpg

8、
e0143883_2144668.jpg

9、
e0143883_21442853.jpg

10、
e0143883_2147217.jpg

11、ちょうど、23日(土)NHK21時からの番組出演のため外出?・・・
御挨拶致しました。
e0143883_2147429.jpg

by hitatinotono | 2011-04-26 21:54 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://phototosi.exblog.jp/tb/14674544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラブ HITACHI at 2011-04-26 22:15 x
藤の花のようにたわわですね!
ぼかしは手前の花なのでしょうか?

原発関連は得に早く終息してほしいものです。
Commented by hitatinotono at 2011-04-26 22:21
ラブHITACHIさん、こんばんは~
ソメイヨシノのぼかしでした(汗。
先の見えない不安は悩ましい問題ですね。

 ありがとうございます。
Commented by rainbow-forests at 2011-04-26 22:31
tonoさん

こんばんはです。玄侑宗久さんは、福聚寺の住職さんだったのですね。お話教えてくださってありがとうございます。
小野町でも・・・みなさん一ヶ月以内に第二次避難所に避難して欲しいというお話があったそうですが・・・
みなさん離れ離れになるよりも・・・一次避難所に残りたいという方が多いそうです。
(みんなと一緒に顔をみてすごしていたいという切実な気持ちです。)
第二次避難所の温泉宿もこれからGWということで色々苦慮されています。
現地のみなさんのお話を伺っているとどうしようかと私も毎日悩まされている限りです。

お寺のお庭とても綺麗ですね!黄色いお花はなんでしょう?
いつも綺麗なお写真をありがとうございます。
Commented by hitatinotono at 2011-04-26 23:10
rainbow-forestsさん、こんばんは~
一僧侶としての人生観、生と死を見つめた生業。
彼なりの苦悩、彼なりの思いの丈が成就するよう願い
たいです。
 又、応援したいですね。

  ありがとうございます。
Commented by honeyfire at 2011-04-27 12:59
原発の脅威の中、それでも季節は巡り、
健気に美しく咲いている福聚寺の桜を見ていると、
目と心に深く沁み入りますね。
できるだけ早く安心できるような状態になってほしいと願います。
Commented by hitatinotono at 2011-04-27 18:17
miraさん、こんばんは~
毎年の開花が楽しみです・・・色出しが難しい桜なのですが。
辛い一日も帰れる家が在るからリセットですますが、避難者は
明日の見えない日々ですね・・・。

 ありがとうございます。
<< 会津「鶴ヶ城」<2>... 三春 「雪村庵」 >>